介護初任者研修を確実に取る!

介護初任者研修は介護職へのスタートラインに当たる資格です。
かつて訪問介護の資格ホームヘルパー2級から制度改正され、介護初任者研修 では施設介護でも評価される資格へと生まれ変わりました。
ここでは介護初任者研修を取得しようか考えているあなたに講座選びで失敗しないためのポイント!介護初任者研修とはどんな資格なのかについて解説していきます。

介護初任者研修が一番人気の理由

容易に取得できる

資格と言うとまず難易度が気になりますよね。わたしでも合格できるかな?勉強についていけるかな?って
介護初任者研修はそういった意味では非常に難易度の低い資格です。
ホームヘルパー2級から制度改正され「修了試験」というものが採用されるようになりましたが、9割以上の方が合格できる簡単なものです。もし万が一修了試験に落ちても再試験を受ければそれまでの講習は無駄にはなりません。
このように介護初任者研修は取ろうと思えばほぼ100%取ることが出来る資格です。
また、超高成果社会をこれから迎える日本において介護の需要はますます高まることが確実であることも人気の理由でしょう。
今現在でも介護の求人は年や地方など関係無く全国どこへ行ってもたくさんの求人がありあます。
そういっった時代背景も含め、今、介護初任者研修を取りたい!という人が増えています。

就職に有利

求人情報をご覧になっているならお気づきかと思いますが、ヘルパーのお仕事は無資格でも募集している求人はたくさんあります。
ですが、求人を出す側からすると「基本的な介護知識くらいは持っていて欲しい」というのが本音です。人材不足だから有資格者に限定せず、泣く泣く募集しているということなんです。
なので、介護初任者研修は就職で大きなアピールになることは間違いありません。
また、介護のお仕事は人の健康や命に直接関わるお仕事です。無知、無資格で介護の現場へ飛び込むのは無謀としか言いようがありません。
現場で役立ち、感謝される人になるためにも介護初任者研修で介護の基本はしっかり学んで置くことはとても重要な事です。頑張っていきましょう。

介護で働く自身と心構えが身につく

介護初任者研修を取ることの大きな意味が「自身と心構えが身につく 」ということです。
お家のお掃除をする、お買い物の代行をする。そういった家事の延長のようなことなら専門的な知識もいらないかもしれません。
しかし、介護施設で働くとなると車いすの扱い方だけでもいろんな知識、経験が要求されます。
ベットからの移乗の方法、車いすからトイレへの移乗の仕方も実際に練習しないとなかなか難しい物です。
介護初任者研修ではクラスの仲間たちと実際に体を動かしながらそういったことを学び、経験していきます・
お互い、する側される側に別れロールプレイングしながら、介護する技術や対応力を身に付け、介護される側の気持ちを理解していきます。
このように勉強だけでなく、実際に体を使って実習することで介護職の世界に大きな自信をもって飛び込むことができるでしょう。

ホームヘルパー2級から何が変わった?

ホームヘルパー2級から介護初任者研修へと制度が変わりましたが、介護の入門資格という位置づけは変わっていません。
全カリキュラムも時間も130時間でホームヘルパー2級の頃と同じです。
では、どこが変わったのでしょうか?
大きく変わったところは以下の3点です。

施設介護も視野に入れた資格に変わった

ホームヘルパー2級の正式名称は「訪問介護員2級養成研修課程」です。名前からもわかるように施設介護ではなく訪問介護を想定した資格だったんですね。
しかし近年の施設介護員の需要の高まりに合わせて介護初任者研修では施設介護も視野に入れた内容にリニューアルされています。

施設自習がなくなり講義自習が増えた

ホームヘルパー2級では実際に介護施設で実習する時間が30時間確保されていました。それが介護初任者研修ではなくなりその分実技スクーリングの時間が大幅に増えることとなりました。
ただ、一部の自治体では施設自習が必須となっている地域もありますし、スクールによって希望者は施設実習をさせてもらえるところもあります。

修了試験が導入された

一番気になるのがここですよね。ヘルパー2級は講習さえ受けていれば修了証をもらえたんですが介護初任者研修では修了試験に合格しないといけなくなりました。
ただ、修了試験があるから難しい、というものではないのでご安心を。
学習したことのおさらいをする、言わばミニテストのようなものです。もし不合格でも通常は再試験が受けれるので心配する必要はありません。合格率も90%以上あると言われています。
スクール側もお金を頂いてる以上、全員を修了させるようにサポートしてくれるのでそこは安心していいところです。
かといって勉強は頑張ってやりましょうね。あとあとあなたの力になる知識なんですから。
っています。

更新履歴